お金を借りるときに源泉徴収は必要なの?

お金を借りるとくに源泉徴収は必要かどうかということですが、少額のお金を借りるような場合は必要とされないことが多いでしょう。これには理由があります。お金を借りるためには、もちろんそのお金を返済できる力があると相手に分かってもらうことが必要です。そのために勤務先や年収、勤続年数その他の個人的な情報を申込書に記載しないといけないわけです。源泉徴収というのはまさにそのような個人的な情報の一つであって、その人の年収がいくらであるのかということが、お金を借りる人の自己申告ではなく、勤務先の会社が発行したものとして明確に分かります。
しかし、まさにこれが源泉徴収の手間のかかるところで、自己申告ではなく会社が発行するものですから取得に時間がかかったりそれだけ気を使ったりもするわけです。一応、源泉徴収は年1回、勤務先から配付されているはずですが、そんなものをきちんと保管しているような律儀な人は少数派でしょうから、お金を借りる時点になって会社に発行を依頼しないといけない人がほとんどのはずです。
となると、そんな手間暇をかけてまで申し込もうという人は少なくなってしまうかもしれません。ローン会社としてもそのことは理解していますから、ある程度よりも少額の融資の場合は、わざわざ源泉徴収まで用意しなくても、その人の自己申告でも十分だろうと判断してくれているのです。この線引きはそれぞれの金融機関によって異なり、一概には言えません。